忍者ブログ
坊主頭が似合う男性について語ります。

『スクール・ウォーズ2』第15話「安らかに眠れ」

『スクール・ウォーズ2』第15話「安らかに眠れ」のあらすじ。

茨城県大会決勝は光成学園と河北高校の対戦になった。試合の始まる前に、滝沢は秋本からなぜ洋子がスタンドに来ていないのかと問われ、洋子が危篤であることを秋本に伝える。秋本は自分が戦い続けている限り、洋子は生き続けると信じて出場する。

試合の前半、大矢が足を負傷して退場したため、光成学園チームが14人になったこともあり、光成が劣勢で、18対15と3点差になる。

後半も当初は河北側が優勢で得点を重ね、30対21になる。途中秋本が肩を負傷するが、プレイを続ける。すると、水口がトライで4点、新田がゴールで2点を獲得、30対27になる。

そして、ロスタイムになり、秋本がトライで4点、新田がゴールで2点を獲得、30対33になり、光成学園が勝つ。

喜んだラグビー部員たちは滝沢を胴上げしようとするが、これは大木と滝沢に止められる。滝沢は洋子の病状について部員たちに語り、全員で洋子のいる病院の方角を向いて祈る。

しかし、洋子は息を引き取る。

滝沢は洋子の死を知り何もやる気がなくなっていた秋本に洋子が生前書いていた手紙を渡す。秋本はこれを読んでラグビーを続けることにする。

翌日葬儀の日、洋子の棺を載せた霊柩車が少年院に立ち寄る。滝沢、大木、ラグビー部員たちはこれを見送る。

下記の動画で第15話の予告は4分25秒から。
予告集
よい品を手頃な価格で ベター・ライフ・インフォメーション

拍手[0回]

PR