忍者ブログ
坊主頭が似合う男性について語ります。

『スクール・ウォーズ2』最終回(第16話)「我ら花園に立つ」

『スクール・ウォーズ2』最終回(第16話)「我ら花園に立つ」のあらすじ。

ラグビー部員たちはマイクロバスに乗って光成学園を出発し、大阪に着き、車中から花園ラグビー場を見る。そして、ラグビー場から1番近い距離にある少年院に宿泊する。その夜秋本はひとりトイレで空を見上げ洋子のことを思い出す。

翌日1回戦は優勝候補の鶴舞高校との対戦。前半は両者無得点で終わる。後半は新田がペナルティーキックで3点を先取。その後鶴舞がトライで4点を取るが、ゴールキックは失敗。これで1点差となる。試合終了間近で秋本がトライを試みるが、これは成功せず、結局、4対3で光成学園は敗れる。

これから間もなくして、ラグビー部員たちは全員少年院を退院することになる。秋本、新田、吉川は編入試験を受けて高校に復学する予定。水口は大阪に戻って就職することに。左山はリハビリを続けながらケースワーカーを目指す。

院外で滝沢と大木がラグビー部員たちを出迎えるが、秋本だけはひとりで早々とどこかへ行っていた。

秋本は洋子の墓前でかみそりを使って自殺を図る。滝沢がかみそりを取り上げてこれを阻止する。そこへ、大木、吉川、新田、水口が現れる。吉川、新田、水口は秋本を励ます。この後、左山も現れ、秋本を励ます。こうして、秋本は改めて生き続けることになる。

下記の動画で最終回の予告は4分40秒から。
予告集
よい品を手頃な価格で ベター・ライフ・インフォメーション

拍手[0回]

PR