忍者ブログ
坊主頭が似合う男性について語ります。

『GTO』

GTO DVD-BOX
テレビドラマ。池内博之は村井国雄という高校生役で出演

第1話では鬼塚(反町隆史)が初めて教壇に立ったシーンで、教科書に「鬼塚 殺す」と書き敵意をむきだしにする。そして、水樹ななこ(希良梨)・依田ケンジ(徳山秀典)・渡辺マサル(山崎裕太)の3人が鬼塚と仲良くなってしまったのを見て、舌打ちして「あいつらじゃ駄目だな」と言って、相沢みやび(中村愛美)とともに次の策をめぐらす様子を見せる。

第2話では菊池善人(窪塚洋介)の合成写真を使った策略に乗る。菊池の不登校のために鬼塚が辞めるはずだったのに、菊池が登校したことで鬼塚が学校に残るという展開になり、怒って鉛筆を折る。村井はみやびとともに菊池の真意をただすが、菊池がもはや鬼塚を嫌ってはいないことを思い知らされる。

第3話では授業中石を紙でくるんだものを持って行って、ななこに吉川のぼる(小栗旬)にぶつけるように促すが、古文教師に制止されると、その教師の腕を取り顔をにらみつける。今回ものぼるの勇気ある行動と菊池の陰ながらの協力で、鬼塚が学校を辞めなくてもよいことになり、怒った表情を見せる。

第4話は出番が少ない。鬼塚の授業のボイコットに参加している生徒が集まったカラオケボックスで、鬼塚の説得に応じないようにクラスメイトたちを脅すシーンのみ。

第5話では特別進学クラスの授業を受ける。授業中勅使川原先生がおかしくなり、菊池に「たぶん鬼塚にやられたんだろう」と言われ、放課後「ぶっ殺してやる、鬼塚」と改めて怒りをあらわにする。

第6話は池内君がメインである。見所は体育教師袴田との対決シーン。競泳では競パン、100メートル走では黒のランニングと短パン姿だ。それから、感動的なのが鬼塚との度胸試しのシーン。鬼塚の態度に心を動かされ、後日鬼塚のところに秘密を打ち明けに行くが、袴田に邪魔されてしまう。みやびには「2度と裏切らないで」と平手打ちをくらわされる。そして、目に涙を浮かべる。

第7話ではみやびに「もしかして鬼塚なら信用できるんじゃねえか」と言うが、みやびに反論されて黙ってしまう。そして、偶然鬼塚に声をかけられ、秘密を話そうとするが、やはり止めてしまう。その後、友達2人から絶交を宣言され1人だけになってしまったみやびを少し離れたところから見つめる。

第8話では、まずカラオケボックスでみやびが演説しているのを黙って聞く。次に、みやびのうちの前で冬月先生に会い、公園で秘密を打ち明ける。このシーンでは台詞が長い。第三に、教室で冬月が生徒たちに猛のことを話すのを聞いたみやびに「ちくったの?」と言われる。第四に、鬼塚が教室に現れ授業を始めようとすると、みやびが教室を出て行ったので、無言で鬼塚に彼女の後を追いかけてもいいか問うような表情をすると、これまた無言の鬼塚から表情と仕草でその許可を得て、教室から出て行く。第五に、別の日に校長室に現れて、みやびが欠席することを校長に連絡する。

第9話では、まず放課後校門でみやびから「あんたなんか、口もききたくない」と言われる。次に、猛の命日の夜、野球場で菊池と一緒にみやびと会う。村井は何も言わず、代わりに菊池がみやびに「あいつの気持ちもわかってやれよ」と言う。第三に、空港でみやびに「意地悪は止めろ」と鬼塚の授業に出るように言う。

第10話では、まず猛を見たというみやびにしっかりしろと言う。次に、みやびが付き合いを始めた藤堂真一(原田篤)が猛に似ているのを確認すると、みやびに彼には気をつけるように忠告する。それから、みやびのことを菊池に相談する。最後に、遊園地でデートしているみやびと真一を離れたところから見守り、真一が本性を現したところで、みやびを助けに行くが、真一の仲間たちに袋叩きにされて、気を失う。

第11話では、真一にナイフでさされて入院した鬼塚をみやびと一緒に見舞う。それから、菊池とともに真一のところへ行き、「俺は鬼塚を守るためなら、何でもやるつもりだからな」とすごむ。

最終話では、まず、菊池・みやびとともに真一に土下座して鬼塚のことを頼む。それから、鬼塚たちと一緒に教室にたてこもり、夜学園祭を楽しむ。

よい品を手頃な価格で ベター・ライフ・インフォメーション

拍手[0回]

PR