忍者ブログ
坊主頭が似合う男性について語ります。

『スクール・ウォーズ2』第8話「院に棲む悪魔」

『スクール・ウォーズ2』第8話「院に棲む悪魔」のあらすじ。

名村は森田に教官が倉庫から肥料を運ぶように指示していると言われ倉庫に行く。ところが、倉庫には新田と田中が待ち構えていて、グループを抜けた名村に対して暴行を加える。これには後から森田も加わる。そして、名村は森田からシンナーを渡されて、これを吸ってしまう。

ラグビー部の練習後、名村は寺山を誘い出す。寺山も森田からシンナーを渡されて、これを吸ってしまう。ラグビー部の部室に堂脇、藤沢、中本がいると、そこへ寺山が現れて暴れ出す。寺山はラグビー部員らに取り押さえられる。寺山は謹慎15日間の処分を受ける。

ラグビー部員たちは寺山の件の背後には新田がいるに違いないと思い、新田らに食って掛かるが、滝沢に止められる。すると、左山が事件の起こる前に名村が寺山をどこかへ連れていくのを見たと言うと、部員たちは名村に襲い掛かり、滝沢がこれを止めさせる。そして、その場を去っていく新田の後頭部に左山がラグビーボールを蹴って命中させる。左山は清水教官に連れていかれて、重謹慎処分になる。

滝沢は居酒屋「百萬石」で失恋した柴田商店従業員ともちゃん(演:しのざき美知)を姪のみち子(演:筒井由美子)と一緒に慰めていた柴田(演:梅宮辰夫)から言われたことをもっともだと思い、ラグビー部員に対して教師と生徒という立場を超えて仲間になろうと努める。名村は滝沢のこのような態度に心を動かされ、寺山の事件の真相を告白して、10日間の重謹慎処分を受ける。

清水教官は名村の告白内容を基に新田に問いただすが、新田は責任を田中に押し付ける。田中は懲罰としてグラウンドでパンツ1丁(白のトランクス)の姿で腕立て伏せを200回することになる。これに滝沢も付き合い、田中を励ましながら自分も同じ回数腕立て伏せをする。田中は滝沢に心を開き、1か月の重謹慎処分の後にラグビー部に復帰する。
よい品を手頃な価格で ベター・ライフ・インフォメーション

拍手[0回]

PR