忍者ブログ
坊主頭が似合う男性について語ります。

『スクール・ウォーズ2』第3話「重謹慎がなんだ」

『スクール・ウォーズ2』第3話「重謹慎がなんだ」のあらすじ。

滝沢の教え子で川浜高校ラグビー部OBの大木大助(演:松村雄基)が光成学園ラグビー部コーチに就任する。ところが、ラグビー部員たちには今一つやる気がない。どうしたのかと問われて、左山は「むなしくて」と言い、堂脇は「こんな苦しい練習して何になるんですか」と言う。これに対して、滝沢は部員たちも苦しいだろうが、その家族や恋人たちも苦しんでいる、彼らに対して恥ずかしくないようにがんばったらどうだと言う。これを聞いて、部員たちはまたやる気を出し、吉川も逃走をあきらめる。

ところが、後日吉川はフェンス越しに少女に摘んでやった花を渡すが、少女の母親がこの花を取り上げてその場に投げ捨てる。吉川はまた逃走を考える。

そして、院外作業の際、名村友行(演:水島新太郎)がけがをしたふりをしたのをきっかけに、吉川は新田明(演:保阪尚輝)、森田誠(演:宮下直紀)、田中俊男(演:田中義訓)と一緒に逃走する。しかし、新田ら3人は途中で逃げるのをやめる。これはラグビー部をつぶすために新田が考えた企みだ。

こうして吉川はひとりで逃走するが、追跡してきた滝沢に見つかる。滝沢の計らいで、吉川は由紀子と再会する。少年院に戻ると、吉川は重謹慎10日の処分を受ける。謹慎が終わり、吉川は土下座してラグビー部員たちに謝罪する。吉川の行動でラグビー部が存続の危機に陥ったこともあり、部員の中には吉川に対してまだ怒っている者もいたが、大木と秋本の言葉のおかげで、部員たちは全員吉川を受け入れる。

下記の動画で第3話の予告は31秒から。
予告集
よい品を手頃な価格で ベター・ライフ・インフォメーション

拍手[0回]

PR