忍者ブログ
坊主頭が似合う男性について語ります。

映画「ひゃくはち」

映画「ひゃくはち」 に阿部亮平は京浜高校野球部の4番バッター内田修二という役で、沖原一生は内田と同学年の部員大沢という役で、高良健吾はその1つ下の学年の部員佐々木純平という役で出演している。この3人の出演シーンを中心に、この映画の見所を紹介しよう。


まず、公式サイトで公開されている予告編の冒頭にある夏の県大会決勝のシーン。内田が打席に入る。大沢は塁に出ている。内田は打つが、アウトになり、ゲームセット。京浜は敗北する。このシーンの途中、主人公の青野雅人(演:斎藤嘉樹)と小林伸広(演:中村蒼)の回想シーンが挿入される。この回想では内田と大沢はクイズで不正解の青野と小林の頭をペットボトルで殴る。


つぎに秋、ドラフトで1位指名を受けた内田は高校で記者会見をする。この席で記者からいつものように電話帳を破るように頼まれるが、内田は破れない。そこで、佐々木が細工して破りやすくなった電話帳を渡されて、これを記者たちの前で破り、破った電話帳の一部を口にくわえて、ポーズをとる。翌日、内田はスポーツ新聞の1面をかざる。


翌年の夏、県大会決勝。内田は大沢らと一緒にスタンドで後輩たちを応援する。


高良健吾については出番が多いので、ベッドでお尻を出しているシーン(62分目)と入浴シーンが2回あることを紹介するにとどめる。第1の入浴シーン(80分目)ではメインキャスト4人(斎藤、中村、高良、北条隆博)のうち中村を除く3人の裸を、第2の入浴シーン(92分目)では4人全員の裸を見ることができる。


よい品を手頃な価格で ベター・ライフ・インフォメーション

拍手[0回]

PR