忍者ブログ
坊主頭が似合う男性について語ります。

菅原卓磨in yes

bounce.comおよび菅原卓磨公式サイトで報じられているように、菅原君のグラビアが雑誌「yes」vol.2に掲載されている。わたしは実物を見るまでは以前のグラビアのように普通に服を着た写真が載っているのだと思っていた。だが、実際はそうではなかった。明らかにゲイの視線を意識した写真である。同誌の48-53頁に「Beautiful Dreamer "Takuma Sugawara" 菅原卓磨が着こなすDieselの新作」というタイトルで、菅原君がカウボーイだという想定でスプリング・カジュアル・ファッションを見せるという形になっている。カウボーイというのは映画「ブロークバック・マウンテン」を意識した演出だと思われる。全部で5枚の写真が載っている。

まず、48-49頁にわたって、レザーベストとカーゴパンツを着て、わらの上に横たわっている写真。胸から腰にかけて豊かな体毛が生えているのが見える。次に、馬小屋でスウェットとパンツを着て立っている写真。パンツの上の部分がめくれているので、下着の白いパンツが見えている。第三に、白い壁を背にノースリーブシャツを着て立っている写真。シャツの下に着ているタンクトップはボタンが留まっていないので、胸元が見える。第四に、ハーフパンツを穿いて材木の上に座っている写真。第五に、デニムパンツ姿の写真。

以上の写真のうち、4枚目と5枚目は従来通りのものだが、最初の3枚はゲイの好みを取り入れたものだといえる。特に、1枚目の写真はよくここまでやってくれたと感謝したいほどだ。

こうしてルビコンを渡った菅原君の今後の活躍に期待したい。7月には舞台「スイッチを押すとき」に出演予定だそうだ。

yes オフィシャルサイト(音あり)

よい品を手頃な価格で ベター・ライフ・インフォメーション

拍手[0回]

PR