忍者ブログ
坊主頭が似合う男性について語ります。

池内博之in太宰治物語

ドラマ「太宰治物語」では池内博之は太宰治(豊川悦司)にかわいがられ信頼される若い編集者の野原一夫(実在人物)という役を演じた。池内君の出演シーンは後半の7シーンと出番が多かったので、各シーンについて細かく言及はせず、若干コメントを述べるにとどめる。まず、口述筆記のシーンで太宰が口述していたのは『如是我聞』である。次に、雨の中、野原と太宰の愛人が口論するシーンで、池内君がかぶっていた帽子のせいで池内君の顔がまったく見えなかったが、これは何とかならなかったのだろうか。

よい品を手頃な価格で ベター・ライフ・インフォメーション

拍手[0回]

PR