忍者ブログ
坊主頭が似合う男性について語ります。

井坂俊哉のインタビュー

「TV JAPAN」7月号187頁に井坂俊哉のインタビュー記事が載っている。次のようなことが書かれている。

1.「純情きらり」のキヨシという役は自分に近くて演じやすい。「ジャスティライザー」のときは役作りが大変だった。

2.女優さんと顔が近い位置になったとき、恥ずかしくて自分の顔が真っ赤になってしまった。

3.ファンレターへの返事の下書きに2時間もかかってしまった。

4.夜遊びはせず、仕事が終わったらまっすぐ帰宅している。

5.ひざを痛めてプロのサッカー選手になるのを諦め、スカウトされて芸能界に入った。選手も役者も人に夢を与えるという点では違わないと思う。

6.ワールッドカップの試合はかなり気になる。

よい品を手頃な価格で ベター・ライフ・インフォメーション

拍手[0回]

PR