忍者ブログ
坊主頭が似合う男性について語ります。

「喧嘩の極意1」

オリジナルDVD「喧嘩の極意」シリーズ第1作を観た。このシリーズのメイン・キャラクターには2人の坊主がいる。1人は阿部亮平演じるベンケイ、もう1人はBOBBY演じるノボルだ。この2人を中心にして内容を紹介する。

極東工業高校、通称キワコウ1年A組に1人の転校生が現れる。彼の名は春麗(はる・うらら)。自分の名前を馬鹿にされ逆上したハルはクラスの同級生を全員ぶちのめす。このことはすぐに学校中のうわさとなる。2年生のノボルは応援部の部室に駆けつけ、応援団団長で2年の頭の大門卓に報告する。そして、ノボルと団長は1年生のシンゴに転校生を探して連れてくるように命じる。シンゴは遅刻して登校したので転校生の顔はもちろん名前も知らなかったのだが、なんとかハルと出会い仲良くなる。

一方、ベンケイが1年A組の教室に来て、シンゴに1年の頭の松嶋賢一(通称マツケン)がハルのことを探していると告げる。保健室でハルは偶然ノボルと団長に会うのだが、団長がニューハーフの養護教諭に恋をしているおかげで何も起こらない。ノボルは団長に養護教諭は本当は男だと言うが、団長は聞く耳をもたない。そして、ハルとシンゴが下校する時、ベンケイとマツケンが窓から2人を見下ろしている。

キワコウの生徒が次々と襲われる事件が起こり、ノボルと団長は犯人を探す。ノボルは1人でいる時団長の悪口を言うが、駐車場で突然何者かに襲われ気絶するほどの傷を負う。しかし、その後団長が襲われた直後に、ハルとシンゴが犯人を捕まえる。ハル、シンゴ、団長は保健室で傷の手当てを受けるが、この時ハルが団長に養護教諭からご褒美のキスを受ける機会を譲ったので、団長はこれ以後ハルに好意をもつ。

他方、マツケンはハルをつぶそうと狙っており、ベンケイがハルとシンゴを呼び出す。ハルとシンゴはマツケンの手下を次々と破る。ハルはマツケンと戦うが、ベンケイがシンゴに自分は戦う気のないことを告げたので、ハルとマツケンだけが戦うことになる。途中マツケンはベンケイに一緒に戦えと言うが、ベンケイは応じない。結果はハルの勝利。ベンケイはハルに「いい名前だな、また会おう」と言うと、マツケンを連れて去っていく。

キワコウの頭で3年生の桃山太郎は同級生のタツヤからハルがマツケンに勝ったことを聞き、その方がいいと言う。

よい品を手頃な価格で ベター・ライフ・インフォメーション

拍手[0回]

PR